【常設】藤田三歩メルヘン画展示

店長の母親である童画家「藤田三歩」の作品をギャラリーで紹介しています。

(企画展未開催時に常設展として雑貨ブースにて展示しております。)

 

藤田 三歩は1950年神戸市に生まれました。

1993年に43歳で他界しましたが30歳過ぎてからメルヘン画を描き

10年ほどの間に300点くらいですが作品を残しました。

それらの絵は「藤田三歩愛の詩原画展」として

全国のデパートで60回近く 原画展を開催して頂きました。

 

三歩は絵を描く際カラーインクで描く事が多く、

それらの描かれた作品は全国で原画展を開催した際に、

スポットの光に当たり激しく退色をしてしまいました。

 

その為、原画の展示の代わりにジークレー版画を制作し、

それらをご覧頂きたく店内に展示しています。

絵はがきや画集も店内で販売しておりますので、ご来店の際は是非ご覧下さいませ。